山とボクとMYOG

創って登って考えて、作って登って考える。

Google Language Translation;

MYOG 製作日記

冬用ハンモック装備 その1 タープ編3日目

更新日:

3日目にして完成。
タープに関しては難所がカットだと思う。
今回はPreCutされているKITを購入し、そこをスキップした為、特に苦労はなかった。

メタクソにずれたけど。

 

リッジラインを仕上げていく。個人的にはあったほうが良いと思うけど。どうなんだろう。

 

このリッジラインをつける事で、強度が増すばかりか、デイジーチェーンの様に紐やウェビングを縫い付ける土台にもなり、ランタンや濡れた靴下など吊るして乾かしたりも出来るのでは無いか。

いや待て、頭上に濡れた靴下がある構図はちょっと嫌だな。
ランタンと、、、なんだ?なんか吊るせる。
サコッシュとか?便利かな?デイジーは思い付いたは良いが実行に躊躇する系の案だ。

ま、強度が上がるから良い。

 

BEASTEE DEE RINGSをリッジラインに取り付ける。トレッキングポールを使った貼り方をしないとも限らないからである。

 

タープの力がかかる部分はリッジラインとガイラインに繋がる各先端部分である。
各先端部のあて布はただ縫い込むだけで良いのだろうか?
当て布の縫い目に点の力がかかり、そこから裂けはしまいか?
縫い目が多いから問題ないと言う考え方なのか?
取り敢えず私的に気になった所はアイデアを入れる様にする。
そうする事でより一層の愛着が湧くのだ。

今回は縫うだけでなく、接着「面」を作る事で縫い目にかかる負荷を軽減させようと考えた。
肝心の接着剤だが、通常シーリング剤としてに使われるSILNETを選択した。
今回の素材はSilPolyでありシリコンでコーティングされているため、SILNETでないと接着できないのだ。
同じようなシーリング剤にSEAM GRIPが有るが、間違えないよう注意していただきたい。
ウレタンコーティング素材ならシームグリップは効くが、シリコンコーティング素材は接着できないのだ。

 

当て布の縫い目をワザと内よりにして、外側をSilnetで接着する。ガイラインからの力を接着「面」で受け止め、縫い目に点の力をかけない為だ。

あて布の際を注視していただくとわかると思うが、テラテラしているのがはみ出したSILNETである。
ちょっと盛りすぎ感があるな、次は気をつけよう。
ちなみにSILNETはSEAMGRIPよりもかなり粘土が高い故扱いづらい。

他の案として、当て布全体をSilnetで貼り付けた後に縫い込むのも良いかと考えたが、シルネットが乾くのを待つのは嫌だったので今回はこの様にした。
懸念事項はSilnetの耐久性である。
駄目になったらまた塗ればいいのでそこまでナーバスになる必要は無いが。

 

最終的な重量は390g、メーカーが出している出来上がりの予想が340g前後なので、ウェビングで+50g・・・、やっぱりダイニーマの軽いウェビングが欲しい

 

色々余計なことをしたので400gオーバーするかと思いきや、390gであった。
リッジラインのシーリングが終わっていないので400越えはほぼ確実かもしれないが、悪くない重さだ。
出来上がってしまうとズレも味に見えるから不思議だ。
ちなみにこのタープは冬用ハンモック装備をまとめて作っていた為、まだ試し張りをしていない。
問題なく張れるとは思うが、実戦投入前にきちんとシーリングするのを忘れないようにしなければ。

何はともあれタープ編終わり。次はブリッジハンモックだ!

 

私の場合、アウトドア用の高性能生地は基本的に個人輸入しています。
日本で買うより安上がりですので、この機会にチャレンジしてみては如何でしょうか?

Pre-Cut HEX12 Tarp Kit
今回のTarpKITはこちら。
事前にカットしてあるので裁縫初心者の方には大変オススメです。
初めてお買い物される方はクーポンコード「FIRST-10を忘れずにご記入下さい。購入代金が10%オフになります。

ご注意

制作物の手順、サイズ、重量等はあくまで目安です。
個人にあったサイズや重量等、より良い方法は確実にございます。
どうか広い心でコンテンツをお楽しみ下さい。
画像やテキストの無断転載はお断りしております。

おすすめ記事

1

いやー、アウトドアギアって高いですよねー!! 特に海外メーカーのギアは現地価格に比べると割高な物が多くあります。 日本に入ってくるだけでなんでこんなに値段が変わるの?ってすげー疑問ですよ。はい。 メー …

2

MYOGをしようと志した際、最もハードルが高いのが生地や素材の購入だと思います。 近所の生地屋に行っても一般的な生地ばかりで中々探せなかったりしますよね。 特殊なナイロン生地やポリエステル生地等、販売 …

-MYOG, 製作日記
-,

Copyright© 山とボクとMYOG , 2019 All Rights Reserved.