山とボクとMYOG

創って登って考えて、作って登って考える。

Google Language Translation;

ボク日記

はじめてのMYOG

更新日:

私の初めてのMYOGは、おそらく殆どの人がそうであるようにアルコールストーブであった。

それまで登山では山専ボトルにお湯を入れて、山頂でカップラーメンを作り食べていたのだが、なんかイマイチ味気ない。
美味しいのは美味しいのだが、お湯を入れて完成と言われても達成感が無いではないか。

 

いや美味しいのよ、これはこれで

 

山で美味しいごはんが食べたい!!白飯が炊きたい!!
わしゃ「山でご飯炊くマン」になりたいんじゃぁ!!
ガスバーナー?・・・・うん、ロマンがね・・・。

って感じでアルコールストーブに行き着いたわけである。

御存知の通りアルコールストーブも色々あって、まぁ何種類か試してみたが、siso-labさん経由で、「りるびわ~くす」さん考案のグルーブストーブを作った際に、あまりの使い勝手の良さにある種の到達点を見てしまい、これをある程度きれいに作れるようになった途端、アルコールストーブづくりに満足してしまった。

 

GOKURIの缶はグルーブストーブのために有るかのような丈夫さとデザイン性の良さがある。

 

火を付けて3秒ほどで本燃焼に入り、後は本体の上に調理器具をそのまま置いておくだけ(五徳が要らない!!)というこの手軽さ、本当に素晴らしい。
私の中でこれを越える使い勝手の物は思いつかない。

華奢な作りなので取扱には注意が必要だが、ストーブ使う時に雑に扱うアホは居ないと思うのでそれも問題なかろう。
調子に乗ってアウトドア仲間に配ったりもした。

まぁめちゃめちゃ楽しかったのだが、この経験でMYOGに嵌るかと言われればそうでもなかったのである。

ただ、念願の「山でご飯を炊くマン」にはなれたので、こっちには嵌った。

 

一番食ってるウインナーご飯、ウインナーをぶつ切りにして一緒に炊くのである。美味い。

 

まだこの頃は自分がミシンを使えるようになるなんて夢にも思っていなかった。

 

ご注意

制作物の手順、サイズ、重量等はあくまで目安です。
個人にあったサイズや重量等、より良い方法は確実にございます。
どうか広い心でコンテンツをお楽しみ下さい。
画像やテキストの無断転載はお断りしております。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

1

いやー、アウトドアギアって高いですよねー!! 特に海外メーカーのギアは現地価格に比べると割高な物が多くあります。 日本に入ってくるだけでなんでこんなに値段が変わるの?ってすげー疑問ですよ。はい。 メー …

2

MYOGをしようと志した際、最もハードルが高いのが生地や素材の購入だと思います。 近所の生地屋に行っても一般的な生地ばかりで中々探せなかったりしますよね。 特殊なナイロン生地やポリエステル生地等、販売 …

-ボク日記
-, ,

Copyright© 山とボクとMYOG , 2019 All Rights Reserved.